物販はリサーチが命!?

こんにちは
ネットショップ担当のYusakuです!

プラットフォームでも同じですがリサーチって一番のポイントですよね。
勘で仕入れた商品は基本的に売れませんし、憶測で出来るほど輸入ビジ
ネスは甘くはないです。

同じようにネットショップでもリサーチがすごく大事になってきます。

おそらく、一般的にネットショップで展開してる方は、ブランドが多いと思います。
ブランド展開でも悪くないし実際にそれで稼いでいる人もいるしね!


ただ!!稼いでる人は稼いでる人なりにリスクヘッジしてます。

実は、ブランド展開しちゃうと法的な問題がより浮き彫りになります。
経験者はわかりますが商標権と著作権の問題です。

メーカーから内容証明という恐怖の手紙が届きます。

ちなみに、僕は初めて内容証明きたときめちゃくちゃビビりました!笑
続いてのショップでも内容証明がきて請求金額がたしか600万?
って言われたっけな!笑

ま〜その時には経験もしてたので『あほちゃうか!』ってくらいにしか
思ってなかったんだけど。。。w


話を戻すと


僕は当時、コーチやアウトドアブランドでネットショップを展開していました。
もちろん、売れます!だけど、売れる理由はネームバリューです!

正直、販売能力なんてほぼいらないと思ってます。

あっ!語弊があるかもだけどいらないっていうのは
ある程度の規模までは!って事です。

なので、僕は今ブランドショップは1店舗もありません。
それは、PPC広告が打てなくなる可能性がかなり大きいからです。

それとさっき言った著作権の問題ですね!

ぶっちゃけ、上二つの問題解決方法は、いくらでもあるんですけどねー


僕とyamaが運営しているネットショップの会員さんにお教えしてるリサーチ方法は
プラットフォームに依存してる方ほどその考えを変えるのが困難な方法です。

商品を常に追い続ける怖さが痛いほど身にしみてわかるでしょう。
つまり、ネットショップでもプラットフォームでもリサーチがすべてな訳です。

商材選定が間違ってればどれだけ頑張っても売れません。

だけど、ネットショップには売れるものが明確にわからないからこそ
そこのリサーチスキルを身につけるだけで他と差別化が出来ます!

売れてるものがわかるツールがあるのは良いことだけど、その反面
最大のデメリットがあるってことも理解しながらプラットフォームを
やらないとですね。

コメントを残す